電子たばこ・煙技テクニック

安全VAPEと煙トリック・やり方

*

電子たばこ、欧米でトレンドアイテムとして人気爆発


 本サイトでは、最新VAPE、電子たばこを紹介します。また人体に有害で危険な電子たばこ、フレーバーとして認定された商品もいち早く纏めます。安全な電子たばこをGETしましょう。
 
 電子たばこはリキッド式電子じかけのたばこ風のトレンドアイテム。一時は禁煙グッズとして登場しましたが、今ではオシャレアイテムとして、アメリカでは去年の売上で10億ドル(約9900億円)にも達したという日本でも若者の間で流行り急増中!
 
ミント、フルーツなどの味・香りをつけた水蒸気を吸引するもので、最近は大量の疑似煙(水蒸気)を発生させての煙アソビが流行してます。

電子たばこの仕組みと危険物質

電子たばこの仕組みと含有する危険物質
[図:日本消費者センターより]

 電子たばこは、大きく3つの部分に分かれます。1つはバッテリー部分、液体リキッド(フレーバー)を格納する部分、霧状の水蒸気を出す部分です。

 
 電子たばこを吸引するとセンサーが働き、液体フレーバーが口の中へ、それと合わせて煙草先端は赤くランプがつき、たばこの煙を模した水蒸気がでるという仕組みです。

買ってはいけない危険な電子たばこ

(1)含有物質
 フレーバー部分がたくさんの種類、銘柄が販売されていますが、海外で販売されるものには「ニコチン、ジエチレングリコールを含むフレーバー」が販売されていますので注意が必要です。日本消費者センター発表のきけんなたばこリストを参照下さい。

>>危険な電子たばこリスト

 
(2)VAPE(電子たばこ)本体の品質
 品質チェックの指標として、ユーザレビューで注視するポイント!
>>1番目。液漏れしないこと。
>>2番目。発熱して熱くならないこと。
>>3番目。ユーザ数が多いこと。
 
 

公開日:
最終更新日:2016/10/05