電子たばこ・煙技テクニック

安全VAPEと煙トリック・やり方

*

買ってはいけない危険な電子タバコリスト

2015年2月11日発表の読売新聞より引用
 

国民生活センター商品テスト部の担当者は「電子たばこの禁煙効果や安全性については、明確な根拠がない。安易な使用は控えた方がいい」と警鐘を鳴らす。
 
 電子たばこには、通常の紙巻きたばこよりは少ないがニコチンを含むものと、含まないものがある。ニコチンを含むものは、国内では医薬品医療機器法で製造販売が禁じられている。ただ、使用は規制外のため、個人輸入で入手する人が少なくないという。ニコチンがないものに対する法規制はなく、年齢制限もない。
 
 14年8月には、世界保健機関(WHO)が、「禁煙効果は限定的」としたうえで、ニコチンを含むものについて受動喫煙による第三者への健康被害リスクを指摘し、公共施設での利用などを禁じるよう勧告する報告書を公表。同年11月には厚生労働省が、「ニコチンなし」の電子たばこの銘柄の一部の蒸気から、国産紙巻きたばこ1本分の主流煙の15倍を超えるホルムアルデヒドなどの発がん性物質を確認した、と発表した。
 
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6149246

 
 日本では「ニコチン入り電子タバコ」は使用禁止となっていますので絶対に購入してはいけません。ネット販売や大手ショッピングサイトで普通に販売されているので注意して下さい。
 
 また国内で販売されている 25 銘柄 45 味中、11 銘柄 15 味でニコチンが検出されています。悪質品に注意してください。
 
【2014/9現在】

  • HARLEM Electric Cigarette
  • The Plemium Smoker
  • TOKYO SMOKER LS-3930
  • DT Denshi Tobacco Turbo
  • Health e-cigarette 2/2.5/3/3 mini/Premium/mint/no
  • E-CIG Model E8
  • Beijing SBT RUYAN Technology

  •  
    絶対に買ってはいけない危険な電子タバコの一覧です。
    買うときは、販売実績のある人気VAPEを選ぶべきです。

    公開日: